inQは、「活版印刷」を導入した実習室(アトリエ)です。活版印刷をはじめシルクスクリーン印刷など本来グラフィックデザインの一番の面白さである紙、印刷、文字を体感できる東京デザイナー学院グラフィックデザイン科だけのデザイン実習室です。

こちらの円盤の部分にインクが付きます。

2本のローラーで版にインクをのせたら、紙に印刷をします。

活版印刷

活字を使って行う印刷のことで、4種類ある印刷技法のうち活版印刷は、凸版印刷に分類されます。金属や木に文字を彫り込み、判子状にしたものを並べて文章にした板(活版、組版)を作り、塗料を塗って印刷します。

シルクスクリーン

孔版を使って行う印刷のことで、活版印刷が凸版印刷だったのに対し、シルクスクリーンは孔版印刷に分類されています。塗料が通過する穴と通過しない穴を作り印刷します。

グラフィクデザインの分野では印刷がとても重要な要素になります。近年、オフセット印刷・オンデマンド印刷が主流になっている中で、印刷の楽しさ・面白さに気づいてほしくて昔からある活版印刷機をグラフィックデザイン科に導入しました。

その人の手の温度、人肌を感じられる事が活版印刷の大きな特徴です。

デジタルには無い楽しさを活版印刷で体験できます。

東京デザイナー学院西神田校舎

住所

東京都千代田区神田 2 - 5 - 6

交通

JR総武線
水道橋駅  徒歩6分
御茶ノ水駅 徒歩13分

東京メトロ
神保町駅 徒歩7分